ああ勘違いしていた・・台風の再上陸の意味を

台風情報でよく聞くのが「再上陸」という言葉

上陸の意味はなんとなくわかっていたのですが

再の意味をちょいと間違えていました。

台風の再上陸とは、その意味は?

上陸は陸にあがるってことだから台風の中心が陸地に来た時に上陸という言葉を使います。

ここまではたいていの人は検討がつくでしょう。

では再とは、再び上陸するとはどのような状態なのでしょうか?

Typhoon Chanchu hits south China
Typhoon Chanchu hits south China / born1945

再上陸とは、
ちょっと例をあげてみましょう。

例1:九州(鹿児島)~太平洋~ 四国(高知)~瀬戸内海~ 本州(大阪)

の場合

九州(鹿児島)に上陸
四国(高知)に再上陸
本州(和歌山)に再上陸

となります。

例2:沖縄~太平洋~ 本州(静岡)~日本海~ 本州(青森)~津軽海峡~ 北海道

の場合

本州(静岡)に上陸
本州(青森)に再上陸
北海道に再上陸 

となります。

あれっ沖縄は?
沖縄は島が小さいので上陸という表現ではなく通過というみたいです。

まとめ

上陸とは九州、四国、本州、北海道のどこかの海岸線に台風の中心がきたときのこと

再上陸とは、最初の上陸後いったんどこかの海を通り
再び九州、四国、本州、北海道のどこかの海岸線に台風の中心がきたときのこと

ああ勉強になった。

あ、そうそう
再上陸の再をどのように勘違いしてたかっていうと

四国なら四国だけ、本州なら本州だけで再が使われると思ってました。
四国から本州に行った場合は本州に再上陸でなく上陸だと勘違いしてました。

高知上陸~香川再上陸~和歌山上陸~静岡再上陸

↑これは間違いです。
この場合和歌山も再上陸なんですね。
勘違いしてた。子供に聞かれる前に調べといてよかった。

こちらのサイトを参考にしました。
デジタル台風:台風の上陸・接近・通過の定義

詳しい解説で勉強になりました。ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ